倉庫は製品やもの作りに欠かせない部品を保管する場所であり、物流の拠点です。毎日のように、工場で生産が行われた製品もしくは部品が搬入する、入荷物は所定の場所に保管が行われ、注文を受けるとピッキングを行い、荷物をまとめてトラックに積み込むなどの出荷が行われて行きます。製品や部品の中には不動在庫と言って、流通が行われなくなるケースもあります。1年に2度などの割合で棚卸しを実施し、不動在庫は廃棄処分をするなどが必要になりますが、不動在庫を廃棄する事で新たなスペースが確保される事になります。尚、入出庫時にはバーコード照合を行うなどの管理が必要であり、バーコードを使う事で間違った品物が入出庫されずに済むなどのメリットに繋がりますし、正確な在庫数の確保にも繋がります。

棚や伝票には番地を付けておくと作業効率がアップします

毎日のように製品や部品の入出庫が行われている倉庫では入荷物は所定の場所に置く、出荷物は所定の場所からピッキングを行うなどの管理が基本になります。所定の場所は番地とも呼ばれているもので、保管場所と棚についている番地を対応する事をロケーションと言います。中には細かな部品を必要数だけピッキングを行って出荷をしなければならないケースもありますし、こうした作業は手間や時間を要する事になります。ピッキングを行う作業担当者が正確にピッキングを行うためのバーコード照合、伝票に記載してある品物がどこに保管してあるのかをすぐに分かるようにするための番地を決めるなどが作業効率を高める工夫にも繋がります。例えば、伝票に番地を記載しておけば作業担当者は品物を探し歩く手間もなくなるわけです。

固定ロケーションとフリーロケーションの違い

一般的な倉庫内での保管場所は固定ロケーションにより管理が行われています。固定ロケーションは同じ商品を常に同じ場所に保管をするもので、作業担当者が分かりやすい、ピッキングがしやすくなるなどのメリットがあります。しかし、固定ロケーションで保管をしている場合、品数が極端に少なくなった時などは、棚が空いてしまう、逆に品数が極端に増えた時には棚から製品などが溢れてしまう事になります。逆に、フリーロケーションは空いている場所に入荷した品物を順番に保管して行く方法になります。一見、品物がどこにあるのかが分からなくなるなどのイメージを受ける人も多いかと思われますが、棚に保管をする時にはバーコードリーダーなどを使い、製品情報と番地などをコンピュータで登録管理する事で倉庫内作業を円滑に且つ、保管スペースの有効活用に繋げる事が出来ます。

量販店・メーカー様・小売店の出荷代行サービスだけでなく、返品処理にも対応しております。 量販店向け出荷代行サービス。 アパレル物流20年の実績。 物流だけではなく、撮影やWEB制作等ワンストップでご依頼頂けます。 アパレルに特化した物流倉庫・通販サイトの発送代行ならトミーズコーポレーション。 発送業務のお悩みも解決!様々なサービスで販売力のサポートをします。様々な商品を管理し丁寧に保管いたします。